忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.10.03  ver.2.0 update [v2.0]


AlephOne0.22から対応のHUDscriptをいじってみたもの.
改造元はFloatingX HUD



【ゲーム画面】
kataHUD2.0.jpg


【機能】
・レーダー
コンパスなどは標準とほぼ同じ.動体センサーは標準よりやや広範囲.
グリッド画像を変更.[v2.0]


・プレイヤーの一覧
スコア,チームカラー,プレイヤー名&カラーを常時表示.
自分のランクを囲んで表示.[v2.0]


・アイテム一覧
標準とほぼ同じ.
おまけアップグレード.[v2.0]
文字色の簡易変更.[v2.0] →【参考】:色の変え方


・エネルギー,酸素 ゲージ
+パーセンテージ表示 .
ゲージテクスチャ変更.[v2.0]


・武器&弾薬
+弾薬数を数字で表示 .
OpenGL時のみ,色の簡易変更.[v2.0] →【参考】:色の変え方
コツ表示.[v2.0]


・その他
ルールと残り時間の表示 .
残り時間に応じて色が変化.[v2.0]
プレイヤー名の表示.[v2.0]
HUD背景色の簡易変更.[v2.0] →【参考】:色の変え方
標準HUDの拡張デザイン.[v2.0]
800×160でHUDサイズを固定.[v2.0]



【使い方】
・下記リンクからダウンロード後,解凍する.

kataHUDfilesフォルダをAlephOneと同じ階層におく.

kataHUD2.0.lua任意の場所(Scriptsフォルダなど)に保存する・

・AlephOneを起動後, PREFERENCES → ENVIRONMENT
Use HUD Script にチェックをいれ, kataHUD2.0.luaを選択する.

※旧バージョンのファイルには,すべて上書き

※Lua中のファイルパスをすべて置換することで,
kataHUDfiles内のデータを任意の場所に置くことも出来る.



【注意】
推奨画面サイズは横800以上.

プレイヤー名を表示する一覧,およびHUD上部のプレイヤー名表示は
幅が限られているため,長い名前ははみ出ることがある.

NetScriptのような特殊なスコア計算方法では,スコア表示がはみ出すことがある.




【参考】:色の変え方
Luaを適当なテキストエディタで開き,6~8行目.

HUD_background_color ・・・ HUD背景色
item_color ・・・ アイテム文字色
weapon_color ・・・ 武器(弾薬,レーダーグリッド)色(OpenGLのみ可)

{ 0.02, 0.03, 0.02, 1 } が色を指定しているので,この数字のみを変更する.
{r, g , b, a}  r = 赤 g = 緑 b = 青 a = 不透明度 それぞれ 0~1.

例 {1, 0, 0, 1} ・・・ 赤のみ,不当明度最大. ・・・ 赤
例 {0, 1, 1, 0.5} ・・・ 緑と青,半透明 ・・・ 半透明なシアン


      HUD_background_color = { 0.05, 0, 0, 1 }
      item_color = {0.8, 0.8, 0, 1}
      weapon_color = { 0.5, 0.5, 0, 1 }
HUDoragne.jpg





【次バージョンへ向けて】
枠や背景など,標準HUDに似た表示にする.
骨を持ったときに骨を表示する.


KBRとの連携による,ダイナミックなBattleReport表示?



【ダウンロード】
kataHUD2.0.zip
・画像ファイル(kataHUDfilesフォルダ)
・OpenGL用画像ファイル(openglフォルダ)
・スクリプト本体(kataHUD2.0.lua)


画像編集など,多くの協力をしてくれたRO-さんに感謝!
Kata

PR
対戦時にプレイヤーのランク,スコア,残り時間,およびバトルレポートの表示をするScriptです.

バトルレポートとは誰が誰を何で殺したか,がスクロールして表示されるもので,
Jon Irons氏のbattle_report_v3.0を参考にしています.


EMfH,陣地,骨などの通常戦で使ってもらえると便利かと思います.


【ゲーム画面】
Kata_BattleReport_v4.1.jpg


Kata_BattleReport_v4.1_2.jpg

...(笑)


【バージョン4.0からの変更点】
溶岩池などでの死亡によるスコア表示のバグを改善しました.
見つけてくれたlilaxさんRO-さんありがとうございました.



【次バージョンへ向けて】
マップ上にプレイヤー位置と名前を表示するの導入や
陣地戦のとき陣地ポリゴンを目立たせること,などを検討しています.

導入してほしい機能があればコメントよろしくお願いします.



【ダウンロード】
Kata_BattleReport_v4.1.zip
  ・Script本体(Kata BattleReport v 4.1.lua)
Kata
kata転載>
先日言ってたMAP上に各プレイヤーの位置・名前を表示するのができました.
けど,何に使おうという話でしたっけ??
EMfHで使ってみたら予測が出来たのはいいのですが,スキだらけでボコボコにやられましたw

annotation


り転載>
ええと・・なんでしたっけw
多分、協力プレイ向けだったかと思いますw
後は、骨の位置や陣地の位置確認などだったかと。。
センサーだけだと範囲が限定されすぎてしまっているので。


RO-さん発言転載>
普通の個人EMFHじゃ使わない方が楽しいと思います。
でもチームEMFHやチームハンティングだと味方と集合しやすいかも。
鬼ごっこでは隠れている人とかも見付けられるので最高です。
こつの場合はあった方が回転早くなっておもしろいかな?
DJさん作、対戦時に常時スコアが表示されるLUAです。

Bungie純正のルールを楽しむときに使いましょう。


常にスコアを見ていたいという欲求不満なあなたへダウンロード(zip)

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

[01/17 名無権兵衛]
[01/17 名無権兵衛]
[01/17 名無権兵衛]
[10/04 kata]
[10/04 RO-]

 

検索