忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<Introduction ---Developing Environments>
Lets prepare developing environments.
it is great that you can type your programms without buying software.
but is, hard to newer or beginners.
まずは 開発環境を整えましょう。
LUAはメモ帳やSimpleTextなどでも打ち込み作業が出来ます。ですが、初心者には取っつき辛い一面も。


<Solution>
So, I recommend you to use scripting tools. Quiet easy to handle.
そこで、ウィンドウズ向けのLUAスクリプティングツールを紹介します。
かなり使い易いです。
てかメモ帳使ってた俺らは一体何をしてたんだ
what the hell was I doing when scripting LUA without this?!

Downlard LuaForWindows_v5.1.4-30.exe from here;
http://code.google.com/p/luaforwindows/downloads/list
(You may need a little time)

http://code.google.com/p/luaforwindows/downloads/list
からLuaForWindows_v5.1.4-30.exeをダウンロードしてください!そしてインストール!
(ちょっとだけ時間が掛かります)



This is captured screen from the tool.
  動作画面はこんな感じ。



Now, it is the time to learn LUA by YOURSELF. reading scripts by other programmers.

では、偉大なる先人達の英知の結晶を覗き見て、LUAを学びましょう。
細かい構文などについては、独学が基本だと思ってね(血の涙)
リファレンスは以下。
MarathonWiki    LUAスクリプティング
MarathonWiki    LUAScripting(英語本家Wiki)
Luaリファレンス(当ブログ内)

ライブラリはこっち。独学は盗みが一番の近道です。
創作日本製LUAの一覧(当ブログ内)
LUAライブラリ(当ブログ内)

 

by lilax

PR
Script by Kata.
with editing this script, you can put items or scenaries on/ above on a player, or polygons.

Kataさんのスクリプトです。
これを応用すると、プレイヤーの頭上にアイテムや背景を配置したりといったことも可能になります。


--[[ Mapにプレイヤーの位置を表示する ]]
--Showing whereabout of each players

Triggers = {}

function Triggers.init()
--in this section put annotations for each joined players.
--coodinates?? we will do it later ok?
--このセクションではアノテーション(マップ上の文字)を
--プレイヤー毎に行っています。座標は取り敢えず適当に。
    for p in Players() do
        p._annotation = Annotations.new(Polygons[1], " ",0 ,0)
    end
end

function Triggers.idle()
--with the function "annotation()", the annotations will keep moving.
--so they show
each players' name and whereabouts.
--ここでは常にアノテーションの位置を移動するfunctionを稼働させています


    annotation()
end

function annotation()

--this function works every tick in the game so annitation moves.
--アノテーションの位置を常に移動するためのfunction。

    for p in Players() do
        p._annotation.polygon = p.polygon
        p._annotation.text = "+ "..p.name.."" --プレイヤーの位置が分かりやすくなるよう、
        p._annotation.x = p.x --「+」記号とプレイヤー名を
        p._annotation.y = p.y --プレイヤーの座標に表示する。
    end
-- to show whereabouts,  annitation become "+" and "each player's name" and
--coodinate(x, y)  moves.
--example in game, "+ lilax"


end
対戦時にランク、得点差などを表示するスクリプトコードです。
要するにかたさんとDJさんのパクリです。


---------- listing up by rank internally. thx Kata, here based on your script.
function RANK()
    for P in Players() do
        P._rank = 1
        for i = 0, #Players - 1 do
            if Game.type ~= "tag" then
                if Players[i].points > P.points then
                    P._rank = P._rank + 1
                end
            else
                if Players[i].points < P.points then
                    P._rank = P._rank + 1
                end
            end
        end
    end
end
------------------------------------------------


-------- Showing texts Rank, Score, etc,. -------------
function HUDS()

    for P in Players() do
        if (P._rank == 1) then -- TOPSCORE
            TOPSCORE = P.points
            P.overlays[0].color = 3 --DEEP GREEN
        elseif (P._rank == #Players) then -- worst rank
            P.overlays[0].color = 2 --RED
            SPREAD = P.points - TOPSCORE
        elseif (P._rank == #Players - 1) then
            P.overlays[0].color = 5 --YELLOW
        else
            P.overlays[0].color = 1
        end
        -------- Caliculate time(minuites, seconds, ticks) remaining. -------------
        -------- 残り時間から、分、秒、カンマ以下を計算します

        local min, sec, tik, mzro, szro, tzro = 0, 0, 0, "", "", ""
        min = math.floor(Game.time_remaining / 1800)
        sec = math.floor(Game.time_remaining / 30) - min * 60
        tik = math.floor(((Game.time_remaining - sec * 30 - min * 1800) / 30) * 99)

        -------- keeping figures of min, sec, tik to 2. look better!
        -------- それぞれ分、秒、カンマ以下の単位の桁数を揃えています。見た目重視!↓
        if min < 10 then mzro = "0" else mzro = "" end--keep figure numbers of min
        if sec < 10 then szro = "0" else szro = "" end--sec
        if tik < 10 then tzro = "0" else tzro = "" end--tik

        -------- Showing caliculated time like "Remaining Time: 00min:00sec:00".
        -------- 以上の計算結果を、"Remaining Time: 00min:00sec:00"といった具合に表示します。
        P.overlays[2].text = "       Remaining Time: "..(mzro)..min..":"..(szro)..sec..":"..(tzro)..tik, 0

        -------- Showing each player's rank, points, and spread. -------------
        -------- スコアはP.pointsをそのまま表示、得点差はこの場で計算しています↓
P.overlays[1].text = "Score: "..P.points.."  Spread: "..math.floor(P.points - TOPSCORE)..""
        P.overlays[1].color = 4 -- Light Blue
        P.overlays[0].text = "Rank: "..P._rank.."\/"..#Players..""

        -------- wanna show messages for each players and different one to specified player? -------------
        -------- then seen right under here. --------
        if P == SAINT then
            P.overlays[4].text = "                    You're SAINT! Punish Resistance!"
            P.overlays[4].color = math.floor(Game.global_random(8))

        else
            P.overlays[4].text = "                    You're Resistance. Kill the SAINT!"
            P.overlays[4].color = 0
        end
    end

end

This source is for "function Triggers.idle()".
"function Triggers.idle()"向けです。

Example, see right under here.
例えば、
function Triggers.idle()
   SENSOR() --SENSOR()を呼び出す
   -- call SENSOR()
end
などと記述して活用して下さい。

by combining this script, Sensors can indicate direction to the specified item, polygon, enemy.
なお、これを応用すれば特定のアイテム、特定のポリゴン、特定の敵キャラに対して反応させることも可能です。

----------------------------------
function SENSOR()

    for P in Players() do  ---各々のプレイヤーに対して
        P.compass.lua = true --LUAによるコンパス(動体センサー)操作ON
        P.compass.beacon = true
        -- every players' Sensor turned on by LUA.
       
        -- The specified player's every directions in the sensor turned on.(ne,nw,se,sw)
        if P == SAINT then -- "特定のプレイヤー"のセンサーは
            P.compass:all_on() --北東、北西、南東、南西を全てON

        -- Every players except thespecified player, the sensors indicate directions to the player.
        else --"特定のプレイヤー"以外のセンサーは
            P.compass.x, P.compass.y = SAINT.x, SAINT.y --特定のプレイヤーの位置を反映・反応させる

        end
    end

end


セイントのプログラムからぱくったものです。
透明が切れる数秒前は可視・不可視間をループします。この時、一定の数式に該当するときだけ、透明状態に
移行しているようです。
つまり、例えばプレイヤーの「invisibility_duration」の数字が固定されていると、透明のままか不透明のままであるということです。
従って、以下のような文を書くと、点滅状態に移行することが出来ます。


なお、これは
function idle()
    for P in Players() do
        if P == SAINT then ---ここで特定のプレイヤーであるかどうかを判定しています。
            if P.invisibility_duration < 10 then
                P.invisibility_duration = 30
            end
        elseif P ~= SAINT then
            P.invisibility_duration = 0
        end
    end
end
ライブラリと言うよりもメモに近い記事です。
it is more likely memos than library.

[[
for P in Players() do
  P.overlays[0].color = 0
  P.overlays[1].color = 1
  P.overlays[2].color = 2
  P.overlays[3].color = 3
  P.overlays[4].color = 4
  P.overlays[5].color = 5
  P.overlays[0].text = "0"
  P.overlays[1].text = " 1"
  P.overlays[2].text = "  2"
  P.overlays[3].text = "   3"
  P.overlays[4].text = "    4"
  P.overlays[5].text = "     5"
end
]]

Scripting like above, the font colors are same to terminal message's.
wanna see the color? then refer the pic under here.
(picture from Miha)
などと書く場合、実はターミナルの文字色と一致しています。
以下は偉大なるMiha師のサイトから拝借。
http://homepage2.nifty.com/mihashimoto/Mapmakin/mapmake.html



But unfortunately, we cant use decorated charactors like bold.
ただ、俺が弄った限りでは太字などの修飾文字は使えないようです。

Written by Lilax
プレイヤーではなくモンスターを得点対象にしたNetScriptdです.
Kataさんのハンティングルールをベースに作成した、カオスハンティングですw


【DJ Command-Monster Huntingルール】
1.ターゲットの残り体力がグラフ状に赤で表示されます。
2.与えたダメージにかかわらず,最後に仕留めた人の得点となります。
3.PK(プレイヤーキル):は得点が半分になります。
4.コンボ機能:敵を殺して5秒以内に別の敵を殺すと、その分のポイントが追加的に加算されます。
5.敵は種類を問わず、ランダムに出現します。気分はモンスターハウス!
6.全種類の武器を最初から所持。撃っても自動で補充されます。撃ち放題!
7.敵の発生はポリゴン数に応じます。
8.海兵隊を殺害できなくなりました!new!

【ホストのやり方】
GameTypeをNetScriptにし,Aliensにチェックをしてください。
LUAを組み込むことを忘れずに。

万が一エイリアンを設定し忘れた場合は、普通の殺し合いを楽しみましょう。


【ゲーム画面】
DJ_Hunting_pic  
白字:獲得ポイント
赤字:ターゲットの残り体力(%)
緑字:殺害したターゲットと獲得ポイント
黄字:コンボ回数と獲得ポイント
※ジャガーさんが多く見えるのは気のせいか、仕様です。

【推奨マップ】
Beyond Thunderdoom
Duality
などのポリゴン数は少なく、かつ広めのマップ


【次期バージョンに向けて】



【ダウンロード】
DJ Command Hunting v1.0

Wrote by Lilax
DJ Command Hunting v1.1 無限連射β(バグ)版
DJ Command Hunting v1.1 正式版
Luaに関係するサイトを張っておきます.参考にしてください.


どんどん更新されるAlephOneのLuaリファレンスです.
コードの中にはまだリリースされてないAlephOne用のものあるので,注意しましょう.
http://marathon.svn.sourceforge.net/viewvc/marathon/trunk/docs/Lua.html

WindowsならAlephOneと同じ階層にあるdocsフォルダに
Lua.html というリファレンスが同梱されていますので,それを参考にすると良いでしょう.

他のOSでは,,,知らない! ←ご存じの方,書き換えといてください.




Lua関係のソースファイルはこちら. 開発には直接関係ないけど,ちょっとたのしい.
http://marathon.svn.sourceforge.net/viewvc/marathon/trunk/Source_Files/Lua/



Lua 5.1のリファレンスマニュアル日本語版
http://sugarpot.sakura.ne.jp/yuno/html/lua51_manual_ja.html



他には
http://www.antun.net/tips/script/lua.html

など,ぐぐると少ないですが出てきます.
Kata
対戦時にプレイヤーのランク,スコア,残り時間,およびバトルレポートの表示をするScriptです.

バトルレポートとは誰が誰を何で殺したか,がスクロールして表示されるもので,
Jon Irons氏のbattle_report_v3.0を参考にしています.


EMfH,陣地,骨などの通常戦で使ってもらえると便利かと思います.


【ゲーム画面】
Kata_BattleReport_v4.1.jpg


Kata_BattleReport_v4.1_2.jpg

...(笑)


【バージョン4.0からの変更点】
溶岩池などでの死亡によるスコア表示のバグを改善しました.
見つけてくれたlilaxさんRO-さんありがとうございました.



【次バージョンへ向けて】
マップ上にプレイヤー位置と名前を表示するの導入や
陣地戦のとき陣地ポリゴンを目立たせること,などを検討しています.

導入してほしい機能があればコメントよろしくお願いします.



【ダウンロード】
Kata_BattleReport_v4.1.zip
  ・Script本体(Kata BattleReport v 4.1.lua)
Kata
kata転載>
先日言ってたMAP上に各プレイヤーの位置・名前を表示するのができました.
けど,何に使おうという話でしたっけ??
EMfHで使ってみたら予測が出来たのはいいのですが,スキだらけでボコボコにやられましたw

annotation


り転載>
ええと・・なんでしたっけw
多分、協力プレイ向けだったかと思いますw
後は、骨の位置や陣地の位置確認などだったかと。。
センサーだけだと範囲が限定されすぎてしまっているので。


RO-さん発言転載>
普通の個人EMFHじゃ使わない方が楽しいと思います。
でもチームEMFHやチームハンティングだと味方と集合しやすいかも。
鬼ごっこでは隠れている人とかも見付けられるので最高です。
こつの場合はあった方が回転早くなっておもしろいかな?

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

[01/17 名無権兵衛]
[01/17 名無権兵衛]
[01/17 名無権兵衛]
[10/04 kata]
[10/04 RO-]

 

検索